さやまドキドキ

さやまドキドキ

狭山のわくわく・ドキドキする情報を発信します^^

狭山茶探訪PART4⇒実際に狭山茶の飲み比べをしたよ!違いがわからない漢にしじまんに狭山茶の味の違いはわかるのか?

 

おっすおっす。にしじまんです^^

ついに今回は、狭山茶の飲み比べ(テイスティング)でーす!

 

f:id:sayadoki:20160713102202j:plain

 

左から順番に、
清風園さんの100g 400円クラスの小手毬(こでまり)、
清風園さんの100g 700円クラスの㐂久水(きくすい)、
三ツ木園さんにいただいたお試し粉茶

 

左の急須はもらいもので(関係ない)、お茶パックは粉茶のためのものです。
(お茶パックもさやたかさんが買ってきてくれました!多謝!)

 

f:id:sayadoki:20160713102316j:plain

 

そして、お茶より先に並べられる団子たち・・・。

花より団子。いな!お茶より団子な僕らは、とりあえず団子をぱくり。

 

f:id:sayadoki:20160713113913j:plain
(さやたかさんは写真NGのためモザイクです笑)

 

もろもろと準備をしてくれているさやたかさんをしり目に、

 

f:id:sayadoki:20160713114211j:plain

 

ジョン特派員は、団子をぱくり。

 

f:id:sayadoki:20160713113922j:plain

 

そして、羊羹もむしゃむしゃ食べます。おいしい。

ホントに羊羹おいしいな~。(こらこら)

 

さやたかさん:

「代表!狭山茶の違いがわかる自信がないって散々言ってるけど、
 まず、お茶っ葉を比べてみな!」

 

「これが、400円クラスの小手毬。」

f:id:sayadoki:20160713111124j:plain

 

「これが、700円クラスの㐂久水。」

f:id:sayadoki:20160713111125j:plain

 

ん?確かに違うゾ?
(写真では少しわかりにくいかもです>< 実際に買って比べてみてネ!←)

400円のはいろんな葉っぱが混ざってる感じで、
700円のは葉っぱに統一感があって、しかも細く繊細・・・。

 

さやたかさん:

「ね?確かに違うでしょう?代表の目が節穴じゃなければね!爆」

 

ぐむむむむ・・・

 

f:id:sayadoki:20160713102855j:plain

 

そうこうしている間に、さやたかさんは着々と準備を進めてくれています。

狭山茶は熱湯ではなく、少し冷ましてから入れるのがポイントだそう。

 

さやたかさん:

「それでね、狭山茶は匂いも違うのよ。ほら、ちょっと嗅いでみて」

 

f:id:sayadoki:20160713111227j:plain

 

スハーースハーー

 

f:id:sayadoki:20160713120501j:plain

 

オケケケケケエエエエエエエ!!!!!

 

ジョン特派員:

「うーん、これと・・・」

f:id:sayadoki:20160713111248j:plain

 

「これですよねーー」

f:id:sayadoki:20160713120810j:plain

 

「あっ、こっち(高いほう)のほうがいい香りですっ!」

f:id:sayadoki:20160713120417j:plain

 

さやたかさん:

「お茶は濃度が均等になるように、回しいれるのよーー」

f:id:sayadoki:20160713102907j:plain

 

「それにね!みて!
 いいお茶(高いほう)は淹れた後の葉っぱがエメラルドグリーンなの!」

f:id:sayadoki:20160713113602j:plain

 

(漂う、いい加減、狭山茶には違いがあることを認めざるを得ない空気・・・)

 

ぐむむ・・・確かに違う。

それもこれまで思ってもみなかったところから、
すでに狭山茶には違いがあるだとおお! 

 

f:id:sayadoki:20160713121532j:plain

 

そして、ついに。

テイスティング。

 

「うん、いい感じ」

f:id:sayadoki:20160713102348j:plain

 

「はっ!」

f:id:sayadoki:20160713102412j:plain

 

 「どれどれ~?」

f:id:sayadoki:20160713120437j:plain

 

「おいしい!」

f:id:sayadoki:20160713120442j:plain

 

味の違いはわかったようなわからなかったような感じだけど、
確かに狭山茶は美味しい・・・!

※実際には一つ一つ違いがあったのですが、
 僕の乏しいボキャブラリーではうまく表現できなかったので、
 皆さまの舌に託させてください。ぜひ一度ご賞味あれ!←

 

(狭山茶を巡る旅は続く・・・)

 

 

これまでのお話;

狭山茶探訪PART3⇒とってもチャーミングな看板娘さんに無農薬栽培している狭山茶のことを聞いてきたよ!農家タイプでオススメの三ツ木園さんをご紹介。 - さやまドキドキ ~Sayama Doki Doki~

狭山茶探訪PART2⇒狭山茶店には2つのタイプがある。問屋タイプでオススメの清風園さんをご紹介。

狭山茶探訪PART1⇒色は静岡 香りは宇治よ 味は狭山でとどめさす(・・・味の違いがわかる気がしねえええええええええ爆)

狭山茶探訪PART0⇒狭山茶ってよくわからないんですけど・・・